Nike Air Monarch を再構築した新作ダッドスニーカーが登場

 

 スニーカー/ファッションシーンで孤高の存在である〈Nike(ナイキ)〉には、王道と呼ばれるモデルが複数存在する。なかでもAir Force 1やAir Jordan 1、Air VaporMaxシリーズは新作がリリースされる度に争奪戦になるほどの人気っぷり。だが、今回はまだ世間一般的にはあまり知られていないものの、スタイリストや編集者などコアな層から絶大な支持を得るダッドスニーカーご紹介。

〈John Elliott(ジョン・エリオット)〉2018年秋冬コレクションにて初めてその正体が明かされたAir Monarch(エア モナーク)の新型“M2K Tekno”は、流行りのチャンキーソールやレイヤー構造のアッパー、そしてサイドパネルに配した2つのスウッシュなど、ダサかっこいいデザインに仕上がっている。まだ日本国内におけるリリース情報は明らかとなっていないが、アメリカ本国では5月19日(現地時間)より100ドル(約10,738円)にて発売開始予定とのこと。まずは上のフォトロールより、〈Balenciaga(バレンシアガ)〉Triple Sの対抗馬となるであろうこの1足をチェックしてみよう。

ちなみに、Virgil Abloh(ヴァージル・アブロー)の〈Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)〉就任を祝う世界限定10足のカスタムAir Jordan 1は、もうチェックした?

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です