Atari,据え置き型ゲーム機「Atari VCS」を正式発表

 

2018年3月19日,Atariは,「Ataribox」と呼ばれていた据え置き型ゲーム機を「Atari VCS」として正式に発表した。
米国市場で一世を風靡した据え置き型ゲーム機「Atari Video Computer System」(以下,Atari 2600)モデルにしたレトロゲーム機というコンセプトの製品だ。2018年4月に予約受け付けを始めるとのことだが,正式な発売日や価格は明らかになっていない。

またAtariは,Atari VCSの発表に合わせて,本体だけでなく,オリジナルのAtari 2600に付属していたジョイスティックをイメージした専用コントローラ「Classic Joystick」と,現代的なデザインのゲームパッド「Modern Controller」の画像も公開している。ただ,これらのコントローラが標準添付なのか別売りなのかといったあたりの情報も,現時点では未公開だ。

Atari VCSの本体とコントローラ。左下にあるのがModern Controllerで,右下がClassic Joystickである
[GDC 2018]Atari,据え置き型ゲーム機「Atari VCS」を正式発表

公開された製品画像を見る限り,Classic Joystickの全体的なデザインや左上の赤いボタンは,Atari 2600付属のジョイスティックを踏襲したものと言っていいだろう。ただし,スティックの手前にAndroidの[戻る]ボタンやホームボタンに似た記号付きのボタンがあるのは新しい。
Modern ControllerはXbox Controller風のレイアウトを採用している。製品イメージで左上に見える赤丸はちゃんとアナログスティックだ。Atariは,Atari VCSで具体的にどのようなゲームをプレイできるのか明らかにしていないが,「Atari 2600向け以外のタイトルもプレイ可能」とは予告しているので,Modern Controllerは,そんな「Atari 2600向け以外」の,最近のゲームをプレイするためのゲームパッドという理解でいいのではなかろうか。上で紹介したClassic Joystick上のボタンデザインも踏まえるに,Android向けタイトルという可能性はある。

Classic Joystick
[GDC 2018]Atari,据え置き型ゲーム機「Atari VCS」を正式発表

 

Modern Controller
[GDC 2018]Atari,据え置き型ゲーム機「Atari VCS」を正式発表

Atariによると,2017年7月にAtariboxのモックアップ画像が公開となったときには,Atari 2600をイメージしつつ現代的でもあるデザインが,新旧両世代のAtariファンから好評を博したという。今回披露されたゲーム機本体は,モックアップからほとんど変わっていないように見えるが,前面の木目調パネルは若干明るい色になったように見える。

[GDC 2018]Atari,据え置き型ゲーム機「Atari VCS」を正式発表

Atariはプレスリリースの中で,米国・サンフランシスコで開催中の「Game Developers Conference 2018」で,Atari VCS本体とClassic Joystick,およびModern Controllerの試作品を披露すると予告している。現地で,より詳しい情報が得られることを期待したい。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です