順天堂が取り違え、親子関係が一致した場合、遺産相続はどうなるのか

順天堂大学順天堂医院(東京・文京区)で、約50年前に新生児の取り違えが起きていた可能性が明らかになった。

最近、当事者とその母親が来院して、DNA検査をしたところ、親子関係が存在しないことが分かったという。

同院は相手方の当事者である親子には、名乗り出ない限り対応しないというが、DNA検査で親子関係が一致した場合、遺産相続はどうなるのか。相続する権利があるのは血縁関係のある実子か、それとも50年、共に暮らした他人の子なのか。

「50年実子として育てられても血縁上の関係がないことが分かれば、相続は受けられません。民法には、婚姻中の妻が産んだ子は夫の子とする『嫡出推定』があります。仮に妻が不倫して生まれた子でも、1年が経ってしまえば夫は訴えることもできず、それが認められてしまう。ただ、今回みたいに取り違えられたケースでは、妻は、それまで育ててきた子供を産んでいない。夫婦がどれだけ愛情を注いでいても相続権はないのです」

ちなみに他人の土地を占有して20年経てば「取得時効」が発生し、それが自分のものになるが、人間には時効はない。

“実子”は、裁判所にDNA鑑定の結果と病院の認定が分かる書類を提出し、取り違えられたことを証明すれば、晴れて親子として相続権を取得できるという。血縁関係があるから当然といえば当然だろう。

もっとも、「親が“育ての子”にも相続させたいなら、養子縁組すればOK。これなら実子と同等の権利が得られます」という。

愛情を注げるのは、産んだ子よりも育ての子だろうが、権利となると、また別の話である。

 

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です