韓国 朴前大統領に懲役24年の実刑判決

 

財閥グループからの収賄罪などに問われた韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領(66)に対する判決公判が6日開かれ、ソウル中央地裁は懲役24年、罰金180億ウォン(約18億円)=求刑懲役30年、罰金1185億ウォン(約118億円)=の実刑判決を言い渡した。大統領経験者で有罪判決を受けたのは、全斗煥(チョン・ドファン)、盧泰愚(ノ・テウ)両氏に続き3人目。

 判決の模様はテレビ中継されたが、朴被告は勾留期間延長に抗議して昨年11月以降、出廷を拒否しており、この日も欠席した。

 起訴状などによると、朴被告は親友の崔順実(チェ・スンシル)被告=1審で懲役20年、罰金180億ウォン(約18億円)=と共謀し、財閥企業などに対し、事実上崔被告が私物化していた財団に約774億ウォン(約77億円)の拠出を強要。サムスン電子副会長の李在鎔(イ・ジェヨン)被告がサムスングループの経営権継承に絡み財団などに拠出することを約束した約433億ウォン(約43億円)の一部を賄賂として受け取ったとしている。さらに、崔被告と共に民間企業の人事に介入した職権乱用や公務上機密漏えいなどの罪にも問われている。

結果にコミット プライベートジム【RIZAP】

最高級 お酒のお供!ツナ缶の極み 「オーシャンプリンセスツナ」

オルビスのスキンケア化粧品『オルビスユー』

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください