お笑いコンビ、スリムクラブと2700が暴力団関係者の会合で闇営業して、所属の吉本興業から無期限謹慎処分になった問題で、仲介者とされるものまね芸人のバンドー太郎(48)が30日、都内で記者会見を開いた。

報道後、会合への参加を誘ってきた建設会社の社長には連絡をとっていないという。バンドーは「27日に報道があって、モノマネ芸人Bと報じられた。昨日も今日もご飯食べられないし、(報道)各社さんからお電話いただいたりしていたので、自分の中でいろんなことができる余裕もなかった」と説明。また、スリムクラブ、2700とも連絡はとっていないという。

バンドーは28日に日刊スポーツの取材に応じた際、「正直に言いますが、(スリムクラブらに)仕事のあっせんをしています。ただ、紹介はしたけれど、パーティーが暴力団関係者とは知らなかった。報道を見て初めて知りました」と証言していた。

◆バンドー太郎(たろう)1970年(昭45)10月16日、神奈川県生まれ。茨城県筑波高卒。建築会社勤務などを経て芸人に。松山千春のものまねネタなどで知られる。他に美川憲一、氷川きよし、氷室京介など多くのものまねレパートリーを持つ。血液型B。