赤塚 不二夫 実写『バカボン3』堀内 健‬, ‪大塚 寧々 ゲストに人気芸人出演

 

赤塚不二夫による国民的ギャグ漫画を実写ドラマ化した第3弾『天才バカボン3~愛と青春のバカ田大学』が、日本テレビ系『ゴールデンまなびウィーク』スペシャルドラマとして5月4日午後9時から放送されることがわかった。今回は西田敏行をはじめ、ネプチューン堀内健、カミナリ、ANZEN漫才、ミキら人気お笑い芸人のほか、女優の大塚寧々、同局アナウンサーの桝太一と水卜麻美らも出演。ゴールデンウィークににぎやかなキャストが集結する。

正式サブタイトルは『愛と青春のバカ田大学』。パパ(上田晋也)が通っていた名門「バカ田大学」を舞台に、バカボンのパパを“天才”に覚醒(かくせい)させた秘密が明らかに。バカ田大学らしい「目からウロコ」の発明品も続々登場。全3話のオムニバス構成で送る。

物語の重要人物となる「バカ田大学」の紙一重教授(西田)の相手役で、バカボンのママが通う「黒百合女子大」の助教授に大塚、バカボンのパパの同級生・メイ役にホリケン、そして石黒英雄、中村靖日らが脇を固め、ANZEN漫才やカミナリも盛り上げる。ドラマ初出演となるミキはバカボンの通う学校の校長&教頭役。

堀内は「久しぶりのドラマの現場は、とても楽しかったです。『バカ田大学」の学生役で出演オファーが来た時は、『やっぱりな』という感じでした。メイという役は“僕そのもの”かもしれないです(笑)」と熱演に自信。「西田敏行さんが紙一重(かみひとえ)という『バカ田大学』の教授役で、一番『バカ田大学』っぽかったので、西田さんには負けちゃったかな(笑)」とベテラン俳優の実力に白旗をあげていた。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です