警官襲撃の飯森容疑者の父、関西テレビ常務謝罪コメント全文

 

 大阪府吹田市の阪急千里線千里山駅前で16日早朝、起きた交番襲撃拳銃強奪事件で、強盗殺人未遂容疑で大阪府警に17日に逮捕された飯森裕次郎容疑者(33)は、取り調べに対して、容疑を否認。

「私のやったことではありません。病気がひどくなったせい、周りの人がひどくなったせいです」などと 話しているという。

「飯森容疑者は話をするが、調書にはサインしていない。自分はやってないというばかりだ」(捜査関係者)

 一方、本誌が既報した通り、飯森容疑者の父親は、在阪の準キー局、関西テレビ常務取締役の飯森睦尚氏。代理人を通してコメントを17日夕、発表した。全文は以下の通りだ。

≪まずもって、重大なけがを負わせてしまった警察官の方及びご家族さまに対し、心よりおわび申し上げます。

 一日でも早く回復されることを心から祈っております。

 また、地域の方々をはじめ、多くの皆さまにも不安を感じさせることとなりました。大変申し訳ありませんでした。

 このような事態となったことについて、大変驚いており、いまだ信じられない気持ちがありますが、今後の警察の捜査にも全面的に協力する所存でございます。  令和元年6月17日 飯森睦尚≫


 また関西テレビも「弊社常務取締役から『自分の息子である』との報告を受けた」とし、「大変、重大なことと受け止め、今後も社会的責任を果たしていきたい」とのコメントを発表した。

 捜査関係者はこう明かす。

「父親の睦尚氏は公開写真を見た瞬間、すぐに自分の息子だとピンときて、早いうちに府警に連絡をくれた。詳しい事情を聞くことができ、足取りが追えたおかげで早期の解決につながった。息子の様子は前々から気になっていた様子だった」

 飯森容疑者は、昨日、事件現場から5kmほど離れた量販店で衣服や靴などを買ったあと、コンビニに立ち寄って携帯電話の充電器や食料を購入。その後、箕面市の山中に逃げ込んだとみられる。

 山中には、山道はあるが、高い木が茂り、夜になると真っ暗。道は箕面市の北へ伸びており、その気になって登れば、京都にも抜けることができるという。山道の入り口に注意看板が出ているようにイノシシが出没するところで、付近の人でも絶対に夜は行かないそうだ。

 山道の入り口から飯森容疑者が発見されたベンチはまでは急な坂を登り、20分ほどかかる険しい道だった。山道の付近に住む住人はこう話す。

「あんな場所で一夜を過ごした飯森容疑者は、土地勘があったのでは?京都に逃げるつもりだったのかと思った」

 警官を刺し、拳銃を奪うという凶悪な犯行に走った飯森容疑者はどんな生育環境だったのか。小学校、中学時代は野球部に在籍していたが、その同級生はこう話す。

「けっこう野球はうまかったよ。内野をやっていた気がする。ただ、目立つタイプではなく、おとなしかった。練習でも声を出せと監督から言われても、ずっと控えめだった。人見知りする感じはあったが、悪い奴ではなかった。高校に行くようになって引っ越してしまって、あまり交流がなくなった。それが事件の何日か前に当時の野球部の仲間たちにFacebookで『これから交流したいから住所を教えて』『同窓会をやろう』などとメッセージがきた。10年以上も音信不通だったので、本人かわからず、不審だったので返信しなかったら、こんなとんでもない事件を起こしてしまった。ゾッとしました」

 逃げた箕面市方面は、飯森容疑者の高校時代の友達が多かったと同級生は振り返る。

「あの山道は飯森容疑者が立ち寄ったというコンビニの脇道から登れるのですが、地元の人でなければ知らない。山道から山中に逃げれば大丈夫だと、最初から計画していたと思う」(同級生)

 飯森容疑者が昨年11月から勤務していた都内のゴルフ練習場の同僚によると、ゴルフ歴は10年以上だと自慢していた。 6月初めには沖縄にゴルフに出かけたともいう。

 SNSでも出身の吹田市の中学に加えて、ゴルフのサークルに登録していた。

 さらに捜査関係者によると、飯森容疑者が海上自衛隊に半年間、所属していたことが新たに判明。

 2009年4月に入隊し半年後に除隊したという。

「自衛隊にいれば所属部隊で使用しなくても銃器の扱いについては学ぶ。銃器に関する知識はある程度あったことは十分考えられる」(警察庁関係者)

 逮捕時、強奪した拳銃には、4発の銃弾が残っていた。1発はどこかで発射したとみられる。

「昨日、古瀬巡査を襲った直後に交番近くの吹田市千里山西で発射音を複数の住民が聞いている。おそらくそこで拳銃を撃ったのではないか。その場所はかつて、飯森容疑者が住んでいたところのすぐ近く。犯行動機を解くカギがあるかもしれない」(捜査関係者)

結果にコミット プライベートジム【RIZAP】

最高級 お酒のお供!ツナ缶の極み 「オーシャンプリンセスツナ」

オルビスのスキンケア化粧品『オルビスユー』

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください