警官撃たれ死亡、逃走した19歳巡査の身柄確保

 

 11日午後8時50分頃、滋賀県彦根市南川瀬町の河瀬駅前交番で、この交番に勤務する彦根署地域課の井本あきら巡査部長(41)が血を流して倒れているのを同署員が見つけた。

 拳銃で後頭部と背中を撃たれており、搬送先で死亡が確認された。県警は同僚の男性巡査(19)が井本巡査部長を撃った後、銃を持ったまま逃走したとみて殺人容疑で行方を捜査。12日未明、県内で身柄を確保した。

 県警によると、11日午後8時15分頃、同市の隣町、愛荘あいしょう町目加田の田んぼにパトカーが突っ込んでいると110番があり、東近江署員が同交番のパトカーと確認。車内に人はおらず、連絡を受けて交番に向かった彦根署員がいすに座った状態で机に突っ伏している井本巡査部長を発見した。

 この日、交番勤務の巡査が行方不明になっており、県警は銃撃に関与した疑いがあるとみて捜査を開始。巡査はパトカーで逃走中に事故を起こし、乗り捨てたとみて捜索していたが、12日午前1時35分頃、愛荘町内で身柄を確保した。

 県警は巡査が井本巡査部長の背後から少なくとも2発を発砲したとみている。拳銃は回転式で5発装填そうてんされており、3発残っていた可能性があるという。

 井本巡査部長と巡査は11日午前8時30分から24時間の勤務にあたっていた。本来は3人体制だが、この日は2人で勤務していたという。

 巡査は昨年4月採用。今年1月29日に県警察学校を卒業し、同日、彦根署に配属された。

 交番は彦根市役所から南約6キロのJR東海道線河瀬駅ロータリーに隣接している。周囲には住宅や工場、田畑が広がっている。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です