葉加瀬太郎、高嶋ちさ子とテレビ共演しなかった理由明かす

 

16日放送の「ぴったんこカンカン」(TBS系)で、ヴァイオリニストの葉加瀬太郎が、同じくヴァイオリニストの高嶋ちさ子とテレビ初共演を果たした。

呼びつけられた葉加瀬から、「これから『ちーちゃん』という女性が来る」と聞いて「可愛らしい名前」と言っていた安住紳一郎アナウンサーだったが、それが高嶋ちさ子だと分かると「ケボ!」と、苦い顔を浮かべた。

高嶋と対面後、安住アナから今までテレビ共演を避けてきた理由を聞かれた葉加瀬は、「いいことない。百害あって一利なし」と断言。

彼によればコンサートの仕事では一緒になることはあるものの、高嶋から、「50歳なのになんでここまで怒られなきゃならないんだ」というくらい怒られると明かし、「怖いんですよ」と述べていた。

これまでは葉加瀬のことを「チャウチャウ」と呼んできた高嶋。だが、「この間会ったときに太ってたから『猪八戒』と呼んでいる」とあだ名が変わっていたことを明かした。

高嶋はその後、葉加瀬と安住アナとともにイチゴ狩りを体験。だが、農園のスタッフから「昨日ちょっとイチゴ狩りやっちゃったんでだいぶ少なくなっている」と言われると、スタッフを恨めしそうに睨んだり、彼女が獲った大ぶりのイチゴを安住アナがイタズラ心で取ろうとすると「殺すよ」と笑顔で言うなど、いつもの高嶋節を全開させていた。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です