福島県伊達市保原町 東邦銀行保原支店で強盗事件

 

 

12日朝、福島県伊達市の東邦銀行保原支店に男が強盗に入りました。
男は何も取らずに逃げて、けが人はおらず警察は強盗未遂事件として捜査しています。

12日午前9時50分ごろ、福島市に本店がある東邦銀行の伊達市の保原支店に男が押し入り、ロビーにいた女性の店員を「金を出せ」と脅し、バッグを差し出しました。
警察と銀行によりますと、ほかの従業員が警察に通報したところ、何もとらずに逃げたということです。
男は刃物などの凶器は持っておらず、けが人はいません。
男はいまも逃走中で警察が行方を捜査しています。
警察によりますと、男は20歳から30歳、身長1メートル60センチから70センチ、黒いジャンパーとベージュのズボンを身につけていたということです。
現場は伊達市役所から西に1キロの中心市街地です。
銀行の向かいの飲食店の従業員によりますと、事件のあと警察官が商店街に聞き込みに訪れ、「金髪の男が逃げているが見ていないか」と話していたということです。
また、近くの酒屋の女性は「ヘリコプターが上空を飛んでいる。訓練かと思ったが事件と聞いて驚いている」と話していました。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です