登坂淳一アナ復帰 「ワイドナショー」

 

元NHKの登坂淳一フリーアナウンサー(46歳)が、4月15日放送のフジテレビ『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演することがわかった。ネットではこの復活に否定的な意見とともに番組の”再生工場化”を指摘する声も上がっている。

登坂アナといえば、NHK時代に『おはよう日本』などのニュース番組を担当。上品で穏やかな声と公家のようなルックスから、ネットでは「麿(まろ)」の愛称でも呼ばれ、親しまれた人気アナだ。札幌、大阪、鹿児島といった地方局に異動後もその人気は健在で、東日本大震災発生後に臨時で全国ニュースを担当した時や、台風中継で出演した際など、度々注目を集めた。ファンからは東京帰還を待ち望む声もあった。

そんな登坂アナが、今年1月にNHKを退社しフリーに転身。夕方のニュース番組『プライムニュース』(フジテレビ系)のメインキャスターを務めることが決まった。その矢先、『週刊文春』が登坂アナが札幌放送局時代に、当時の新人キャスターだった女性にセクハラした疑惑を報じたことで事態は急転。登坂アナは疑惑を否定しながらも、番組の出演自粛を申し出ていた。今回の『ワイドナショー』がフリー転身後初のテレビ出演となる。

Twitterでは、

“「ワイドナショー」に出演すれば、禊が済むわけではない。”
“登坂淳一アナがワイドナショー出演ってやめてくれ〜〜。麿よ、そこまで堕ちるのか。麿にはバラエティなんか出て欲しくなかった。”

と出演に否定的な意見が多い。さらに、

“傷もんの再生工場化してるなぁ”
“やらかした人のリスタートの場所になってるなww”
“ワイドナショーってやっちまった人達のリスタート番組でも自負してるの?フジって最近こういう問題起こした人の初出しでしか注目取れないのか?”

と番組づくりの傾向を指摘する声もあった。

『ワイドナショー』は東野幸治(50歳)がMCを務め、松本人志(54歳)をはじめとするコメンテーターが芸能ニュースから時事問題まで議論する番組。過去にはゲストコメンテーターとして、泥酔状態でタクシー運転手を暴行した前園真聖(44歳)、不倫問題で世間を騒がしたベッキー(34歳)、ゲスの極み乙女。の川谷絵音(29歳)、乙武洋匡(42歳)などが出演し、松本の”いじり”によって復帰の足掛かりをつくってきた番組でもある。

登坂アナも『ワイドナショー』で”禊”を済ませ、本格復帰への第一歩となるのか。松本の”いじり”とともに注目?

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です