15日、札幌ドーム 日本生命セ・パ交流戦:日本ハム5-8巨人

新体操元日本代表でタレントの畠山愛理(24)が、始球式を行った。

グラウンドへ登場すると、地面に手をついて回転する新体操競技の「前方転回」を3回行うパフォーマンス。クルクルとマウンドへ向かい、球場を沸かせた。

始球式では右足を高く上げてから1回転して投じる、名付けて「新体操投法」でボールを投じワンバウンドで捕手のミットへと収まった。

足を上げる投法は当初予定していなかったが、本番前に元プロ野球選手・監督で現在解説者を務める古田敦也氏(53)から「足を上げた方がいいよ」というアドバイスを受けて実践したという。

初めての始球式を終えた畠山は「(新体操の元選手として)らしさをださなきゃなと思って、引退しましたけどできる限りの見せられるところは、短い時間ですけどやらせていただきました。届かなかったのは残念ですけど、会場が盛り上がってくれたので気持ち良かったです」と笑顔を見せた。