熊谷6人連続殺害、ペルー人被告は控訴審も無罪主張

4年前、埼玉県熊谷市で6人が殺害された強盗殺人事件の控訴審で、被告側は一審に続き、無罪を主張しました。

 ペルー人のナカダ ルデナ バイロン ジョナタン被告(33)は、2015年9月、埼玉県熊谷市で小学生の女子児童2人を含む住民6人を殺害するなどした強盗殺人などの罪に問われ、さいたま地裁は去年、死刑判決を言い渡しました。

 東京高裁で行われた控訴審の初公判で、ナカダ被告の弁護側は「事件当時、被告は心神喪失状態だった」として無罪を主張しました。一方、検察側は、控訴を退けるよう求めています。

 10日は、弁護側の証人としてナカダ被告の精神鑑定を行った医師が出廷し、「事件前に統合失調症を発症していて、現在も悪化している」などと説明しました。

結果にコミット プライベートジム【RIZAP】

最高級 お酒のお供!ツナ缶の極み 「オーシャンプリンセスツナ」

オルビスのスキンケア化粧品『オルビスユー』

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください