滋賀・守山市の河川敷に女性遺体の一部、警察が捜査開始

 

滋賀県守山市の河川敷で、女性の遺体の一部が見つかりました。警察は死体遺棄事件として捜査本部を設置、身元の確認を進めています。

警察によりますと、滋賀県守山市の河川敷で、今月10日午後1時40分ごろ、通行人から動物の死体が放置されていると警察に通報がありました。

解剖した結果、14日午後になって、35歳から50歳ぐらいの女性の遺体であることが判明しました。遺体は胴体のみで、死後1~2週間が経っているとみられていて、一部は白骨化していました。死因はわかっていません。

遺体は、この辺りの歩道で人が歩いているとその位置から見える位置にあったということで、特に隠している様子はなかったということです。付近からは、身元につながる遺留品は見つかっていないということで、警察は死体遺棄事件として捜査本部を設置しました。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です