清宮 体調不良で遠征先から帰京、広島戦は欠場し診察

 

日本ハムは13日、ドラフト1位の清宮幸太郎内野手(18)が体調不良のため12日夜に遠征先の広島から帰京し、チームを離れたと発表した。13日のオープン戦・広島戦(マツダ)は欠場し、都内で診察を受ける。栗山監督は「状態を確認してもらって、それをこっちは待っている。どんなことでも選手たちが苦しむことになるのは、監督の責任でもある。心配している」と険しい表情で語った。

ここまでオープン戦1軍帯同し、7試合で19打席無安打(4四死球)、8三振。11日のDeNA戦(鎌ケ谷)後に広島入りしていた。診断結果、今後の見通しは判明次第、発表される予定。

練習では重さや形状の違うバットを試すなど、木製バットに対応するため試行錯誤を続けており、清宮は「試合で(バットを)いろいろと試したい」、栗山監督も「打つ形が悪いわけではない。どういう球が来るか、対処の問題」と語っていたが、オープン戦初安打はお預けとなった。

清宮はキャンプ中の2月22日にも体調不良を訴え、急性胃腸炎と診断されていた。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です