池田小児童殺傷事件から18年、大阪府警が登校時間に警官派遣

 

 児童8人が亡くなり、教師2人を含む15人が重軽傷を負った大阪教育大付属池田小(大阪府池田市)の児童殺傷事件から18年を迎えた8日、同小で追悼式典「祈りと誓いの集い」が開かれ、遺族や教職員、在校生ら約1400人が改めて事件の教訓を忘れない決意を心に刻んだ。

 5月28日、川崎市で登校中の児童らが犠牲になる事件が起きて以降、同小の登校時間帯に大阪府警が警察官を派遣。8日も校門前などで警戒が続けられた。

 式典では、事件が起きた午前10時12分に合わせ、亡くなった8人の児童の名前が刻まれたモニュメント「祈りと誓いの塔」の八つの鐘が鳴らされ、参列者が黙とうをささげた。

 児童代表の6年生3人は「安全で安心な社会を作るために自分たちのできることは何なのか考え、行動に移していこうと思う」と誓いの言葉を述べた。

 事件は2001年に発生。宅間守・元死刑囚(2004年に死刑執行)が包丁を持って校舎に侵入し、児童たちを次々に襲った。

 事件を機に学校の安全対策が見直され、校門の施錠や防犯カメラの設置などが進んだ。しかし、川崎市の事件ではスクールバスを待つ児童らが襲われ、教育現場は対策の難しさに直面している。

結果にコミット プライベートジム【RIZAP】

最高級 お酒のお供!ツナ缶の極み 「オーシャンプリンセスツナ」

オルビスのスキンケア化粧品『オルビスユー』

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください