浅草キッドの水道橋博士(55)が、師匠のビートたけし(71)が事務所独立に際してたけし軍団のメンバーに分け与えたという株を固辞していたことを明かした。

水道橋博士は26日放送のTBS系「ゴゴスマ」に出演。大相撲の暴行問題に揺れる貴乃花親方(45=元横綱)が「一兵卒として出直して精進します」と誓ったという話題で、「僕も『一兵卒』という言葉をつい先日を使ったばかり」と切り出した。

水道橋博士は「殿が抜けられて、たけし軍団の方に株を分けられて」と、オフィス北野を退社し独立するたけしが、事務所に残る軍団員の今後のために自身の所有する株を処分して残したというが、自身は「僕は一兵卒でやらせてください」と受け取ることを固辞したことを明かした。