横浜FCのナ・ソンス、昌原市庁FCへ完全移籍

 

横浜FCは16日、昨季は鹿児島ユナイテッドFCへ期限付き移籍で加入していた韓国人MFナ・ソンスが昌原市庁FC(韓国ナショナルリーグ)へ完全移籍で加入することが決まったと発表した。

ナ・ソンスは1993年生まれの24歳。2012年から横浜FCでプレーし、明治安田生命J2リーグで通算26試合に出場した。昨季は鹿児島へ期限付き移籍で加入し、明治安田生命J3リーグで14試合出場1得点を記録。昨季終了後、去就に関するリリースは出されていなかった。

完全移籍にあたり、ナ・ソンスは横浜FCの公式HPにて以下のようにコメントしている。

「ご報告が遅くなりましたが韓国に戻りプレーすることになりました。今まで応援してくださったサポーターの皆さん、横浜FCでサポートしてくださったみなさん、心から感謝しています。本当にありがとうございました」

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です