松本、デーモンに「ちょっと怒りすぎ」

 

25日、ダウンタウンの松本人志が『ワイドナショー』(フジテレビ系)において、デーモン閣下の肖像権無断使用をめぐる問題に言及した。

デーモン閣下がブログで、NHKで放送されたアニメ番組の中で「デーモン風高杉」という自身を連想するキャラクターが登場したことを指摘したことから始まるこの問題。その上で、「『偶然』とか『たまたま』似てしまったではなく、名前も含めて明らかに【吾輩の姿の無断使用】である」と厳しく批判した。

これについて松本は、「ちょっと怒りすぎだとは思いました」と率直に述べるも、「扱われる側のタレントは広い心でOKしてる」と持論を展開。そして、「一言“すみません”ってあればいいのに、挨拶も何もなく、当たり前みたいに “おいしいでしょ?”という感じがあるとちょっとイラッとする」とデーモンの心境を思いやった。

この一連の騒動について、関係者の多くは松本の意見を支持しているようだ。

「正直、制作時間が限られた中では“これくらいだったらいいかな”と思うときもあります。松本さんほどの大物になると事前に承諾を取ることはマストですが、まだ若手タレントや最近テレビで見かけないタレントに対しては“名を売ってあげている”という意識もありますよね。ですが、今回はNHKがこれをやってしまったのがまずかった。民放は最近、このあたりのことは厳しくなっていますが、まだNHKは甘いのかもしれません」(元制作会社関係者)

一方で、芸能界では松本の“権力”に期待する声も挙がっている

「松本さんは以前から『芸能人の労働組合を作るべきだ』と発言するなど、曖昧になっている芸能人の権利を主張しています。これは松本さんレベルになってやっと言えること。多くのタレントたちから期待されているようです。ただ、ご本人は自らが先頭を切って組合などを作る気はないようですが…(笑)」(芸能ライター)

今や松本の発言は、視聴者のみならず芸能人らも注目しているようだ。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です