東京都心で桜開花 3番目の早咲き

‪‪

 気象庁は17日、東京都心で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。平年より9日、昨年より4日早く、1953年以降の記録では16日に開花した2002年と13年に次ぐ3番目の早咲き。最近のぽかぽか陽気で開花が早まった。

 桜開花の基準となる靖国神社(千代田区)境内の標本木(ひょうほんぼく)で、花が5~6輪以上咲いているのを気象庁職員が確認した。都心のこの日の最高気温は12.1度と7日ぶりに平年を下回ったが、快晴で春本番を思わせる陽光が降り注いだ。

 今週半ばの寒の戻りを除けば今後も暖かい日が多い見込みで、民間気象会社・ウェザーマップ(東京都)は満開を25日と予想している。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です