東京ミッドタウン日比谷が本日開業!

 

3月29日、東京・日比谷で注目の大型施設「東京ミッドタウン日比谷」がオープンした。低層部に配置した商業エリアには、ライフスタイルにこだわる顧客層を狙い、新たなビジネスモデルに挑戦する出店が相次いだ。建物内の写真などとともに、商業エリアの見どころをお伝えする。

東京・日比谷で3月29日、「東京ミッドタウン日比谷」が開業した。地上6階に設けた屋上庭園「パークビューガーデン」から見上げた様子。6階の庭園には誰でも入ることができ、イベントの開催なども想定している(撮影:安川 千秋)

建物は地下4階、地上35階建ての超高層で、延べ面積は約18万9000m2。地下1階から地上7階までの商業エリア約1万8000m2に軒を連ねるのは、日本初出店6店舗、新業態22店舗、商業施設初出店15店舗などの60店だ。商業環境デザインは乃村工芸社が手掛けた。

建物北東側のメーンエントランスから入ると、3層吹き抜けのアトリウムが出迎える(撮影:安川 千秋)

商業エリアは、1階をプレミアムライフスタイルゾーン、2階を上質なファッションゾーンとし、3階には情報発信型のライフスタイルショップを並べた。飲食店は、眺望の良い日比谷公園や、中空階に設けた「パークビューガーデン」側に寄せて配置している。

日比谷公園から見る「東京ミッドタウン日比谷」。カーブを描く外観が特徴。建物のマスターデザインアーキテクトは、英国の設計事務所ホプキンスアーキテクツ(撮影:安川 千秋)
地下1階には、「日比谷アーケード」と呼ぶ通路を設けた。通路に面して、スイーツや惣菜などの店舗が並ぶ。地下鉄日比谷駅に直結しているので、アクセスしやすい(撮影:菅原 由依子)

東京ミッドタウン日比谷は、「三信ビル」(1930年竣工)と「日比谷三井ビルディング」(1960年竣工)の跡地を再開発した事業で、事業主は三井不動産だ。2014年に東京圏で初となる国家戦略特別区域の認定を受けた。

同社には、「JAPAN VALUEを発信し続ける街」をコンセプトとする街づくりブランド「東京ミッドタウン」があり、2007年に第1号として六本木に開業した。日比谷はそれに次ぐ2件目に当たる。六本木では、「多様性」「もてなし」「創造性」「持続可能」をコンセプトとした。日比谷では、それらに加えて、新産業創出と芸術文化・エンターテインメントの先端拠点となることに力点を置く。

顧客ターゲットは「自分らしさを追求する人たち」と三井不動産ミッドタウン日比谷事業室の豊蔵英介室長は説明する。商業エリアのコンセプトは「THE PREMIUM TIME, HIBIYA」だ。「非日常感のあるハレの場を提供したい」と豊蔵室長は語る。

3月22日、東京ミッドタウン日比谷で記者会見が行われた、写真は、三井不動産ミッドタウン日比谷事業室の豊蔵英介室長(撮影:菅原 由依子)

新産業創出を支援する「BASE Q」

三井不動産が東京ミッドタウン日比谷の目玉施設として盛り込んだのが、6階に設けたビジネス連携拠点「BASE Q」だ。会員制コミュニティスペース「Q LOUNGE」、イベントスペースの「Q HALL」、一般来訪者も気軽に立ち寄れる「Q CAFE」などがあり、ベンチャー企業やNPO、大手企業の新規事業担当者などが集う場となることを目指す。

6階に設けた会員制コミュニティースペース「Q LOUNGE」。大企業に勤めながら新しいビジネスを起こそうとする「イントレプレナー」などを想定し、多種多様、異能なワーカーを呼び込む(撮影:菅原 由依子)

皇居や日比谷公園の緑を望める「Q CAFE」には、カフェスペース(96席)に加えて、時間課金制のワークプレイス(48席)を併設した。あえて会員制にせず、誰でも気軽に使えるようにした。

「Q CAFE」の客席から外を眺める。皇居や日比谷公園の緑が間近に感じられ、これまでに見たことのない日比谷の景色を楽しめる(撮影:菅原 由依子)

高速Wi-Fiや電源はもちろん、プリンターやコピーサービス、プロジェクターなどの設備も充実。1人用のワーキングデスクは1時間600円で、6人まで座れるボックス席は1時間3000円。WEB予約も可能だ。

Q CAFEでは、注文した商品の搬送に自動輸送機を導入した。自席からスマートフォンや備え付けのタブレットで注文をすると、AGV(Automatic Guided Vehicle)が商品を運んでくれる。AGVはシャープ製で、もともとは物流や製造ラインなどで使っていた搬送技術。同製品を飲食店に導入したのは国内初だという。

Q CAFE内をゆっくりと走る自動輸送機(AGV)。ガイドレールはなく、夜間の充電だけで1日使い続けられる(撮影:安川 千秋)

1日遊べる書店「HIBIYA CENTRAL MARKET」

商業エリア3階には情報発信型ライフスタイルショップが並ぶ。ひと際目を引くのが、書店の有隣堂が出店した「HIBIYA CENTRAL MARKET」だ。クリエイティブディレクターの南貴之氏が監修し、居酒屋や理容室、雑貨や本などの物販、コーヒースタンドなどが混在するスペースとなっている。店舗内は通路が入り組み、昭和の路地に迷い込んだようなレトロさを感じさせる内装だ。

有隣堂が運営する「HIBIYA CENTRAL MARKET(ヒビヤ セントラル マーケット)」の内部。居酒屋やバス乗り場、理容店など、様々な業種が路地に混在しているような空間だ(撮影:菅原 由依子)
写真左はバス乗り場をイメージしたスタンド。右には書棚が続いている(撮影:菅原 由依子)

「理容室を入れるため会社の定款を変えるなど、これまで経験のない商品やサービスを取り扱うことになった。書籍販売の枠を超えて、ここでの経験を今後のライフスタイル提案型書店に生かしたい」と有隣堂業態開発課の鈴木由美子担当課長は語る。

書籍だけではなく、一点ものの家具や雑貨などをそろえた。「普段は扱っていない洋書なども今回は特別に仕入れた」と、有隣堂業態開発課の鈴木由美子担当課長は言う(撮影:菅原 由依子)
3階フロアの共用通路に面して、ヒビヤ セントラル マーケット内にある店舗の看板を掲げている(撮影:菅原 由依子)

オープン当初は、南氏のほか、内装デザインを手掛けたSMALLCLONEの佐々木一也代表や、有隣堂の松信健太郎専務取締役など、この場所をつくりあげた目利きが選書した書棚が並び、まるでそれぞれの書斎をのぞいているようだ。イベントスペースであるTent galleryの最初のイベントは、「JEAN PROUVÉ」展で、4月30日まで開催中。

カフェのランチを携えながらLEXUS試乗体験も

トヨタ自動車が1階プレミアムライフスタイルゾーンの路面店に出店したのは、「LEXUS MEETS …(レクサス ミーツ)」という体験型施設だ。レクサスの試乗体験コーナーをメーンに、カフェやブティックを併設した。カフェのランチを携えてピクニックをする試乗コースなどを検討中だという。

トヨタ自動車が1階メーンエントランスのすぐ脇に出展した体験施設「LEXUS MEETS…」。試乗はインターネットで事前予約できる(撮影:安川 千秋)
レクサスの試乗体験ができるほか、VR(仮想現実)の機器でショートムービー体験も楽しめる(撮影:菅原 由依子)

「レクサスの世界観を広く浸透させるために、幅広い顧客層が訪れる場所を必要としていた」と同店の犬養正彦ジェネラル・ディレクターは語る。

「LEXUSの世界観とは、自分らしく居られる場所」と犬養ジェネラル・ディレクター。店舗内の随所に見られた糸巻きのモチーフは、レクサスの象徴と言われるスピンドルグリルに由来している(撮影:菅原 由依子)

木目調の内装を手掛けたのは、JTQ(東京都目黒区)の谷川じゅんじ代表だ。レクサスのショールームは日比谷をフラッグシップ店とし、谷川氏がデザインする店舗を今後各地に展開していく予定だという。4月末以降は、建築史家の倉方俊輔氏などの専門家と一緒に街に出る試乗体験も開始する予定だ。

日比谷を東京版ブロードウエイに

三井不動産は、東京ミッドタウン日比谷を通じて、日比谷をエンターテインメントの街として、東京版ブロードウエイとすることを目指している。明治時代の鹿鳴館に始まり、戦後の日比谷は日比谷公会堂や東京宝塚劇場、日生劇場などが集積するエンターテインメントの街として栄えた。東宝グループの創業の地でもある歴史を踏まえてのことだ。

メーンエントランスを広場から見る。この写真は、竣工式を行った1月30日に撮影した(撮影:菅原 由依子)

そこで同社はエンターテインメント施設の1つとして、都心最大級のシネマコンプレックス「TOHOシネマズ 日比谷」を設けた。建物の地上4階、5階に11スクリーン、2200席の映画館を配置した。隣接する東京宝塚ビル内の2スクリーンと合わせると、合計で13スクリーン、2800席に及ぶ。

「TOHOシネマズ 日比谷」には左右の壁まで幅一杯に広がる、独自規格の巨大スクリーンTCXを備えた(撮影:安川 千秋)

もう1つが広場だ。敷地北東側に配置した日比谷ステップ広場は日比谷公園にもアクセスでき、「映画制作発表やシネマアワードの会場として活用されることを想定している」と、三井不動産日比谷街づくり推進部事業グループの太田幸一統括は言う。3層吹き抜けのアトリウムと一体的に活用し、国際的なエンターテイメント関連イベントの誘致をしていく意向だ。

広場を見下ろす。写真奥、通りを挟んだ場所に「日比谷ゴジラスクエア」があり、右奥に「日比谷シャンテ」が立つ。3月22日にリニューアルオープンした。三井不動産は、千代田区や周辺企業、商店会などと共に街づくり組織「日比谷エリアマネジメント」を設立。区道の維持管理や広場で開催されるイベント企画を行っていく考えだ(撮影:菅原 由依子)

東京ミッドタウン日比谷の開業には、周辺施設も歩調を合わせる。日比谷ステップ広場とつながる日比谷シャンテは、3月22日にリニューアルオープンした。旧「合歓(ねむ)の広場」を「日比谷ゴジラスクエア」と名称を改め、ゴジラ像も「シン・ゴジラ」をべースにリニューアルした。4月26日からは、日比谷ステップ広場を使った観劇イベント「Hibiya Festival」も開催される予定だ。創業支援やエンターテインメントなどのテーマを掲げ、街を挙げた取り組みが日比谷で動き始めている。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です