朝霞の少女を2年監禁、被告に懲役9年判決

社会,監禁,事件,誘拐‬, ‪懲役‬, ‪埼玉県‬, ‪事件‬, ‪略取・誘拐罪‬, ‪朝霞市‬, ‪さいたま地方裁判所‬, ‪責任能力‬‬

埼玉県朝霞市で2014年、当時中学1年だった少女(17)を誘拐し、2年余り監禁したなどとして、未成年者誘拐や監禁致傷の罪に問われた大学生、寺内樺風(かぶ)被告(25)=東京都中野区=の判決公判が12日、さいたま地裁であった。松原里美裁判長は「被害者は心身とも成長する上で貴重な期間が失われ、大切な思春期を過ごす機会を失った」と述べ、懲役9年(求刑懲役15年)を言い渡した。

判決によると、寺内被告は14年3月、当時13歳の少女に「(少女の)両親が離婚することになり、その話をしたい」などとうそをつき、朝霞市の少女宅付近で車に乗せて誘拐。16年3月まで千葉市や東京都中野区の自宅アパートで監禁し、少女に重度の心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負わせた。

公判では寺内被告の刑事責任能力が争点となった。地裁による精神鑑定では、発達障害の一種である自閉スペクトラム症の傾向があったとされ、弁護側は地裁の鑑定とは別の精神科医の診断をもとに「当時、統合失調症に罹患(りかん)し、責任能力が限定されていた」と訴えていた。

判決は、少女の家の下調べや名前の確認をしていたことなどを挙げ、発覚後に自殺を図るなど違法性の認識もあったと認定。自閉症の影響は間接的として「完全責任能力を有していた」と判断した。

寺内被告は16年9月の初公判で、誘拐は認める一方、監禁致傷については「2年間にわたって監視していた意識はない」などと述べ否認。同年11月の被告人質問では、動機を「高校、大学で社会性を培う機会がなく、人の気持ちを理解できなかった。人の気持ちが知りたかった」と説明し、謝罪も口にした。

だが精神鑑定の後の被告人質問では「何が悪かったんでしょうかね」「被害者が監視してきた」などと発言し、最終意見陳述では「最後に言いたいこと」を聞かれ「おなかがすきました」と答えていた。

同年8月には一度判決公判が開廷されたが、言い渡し前に寺内被告が別人の名を名乗ったり「私は森の妖精でございます」と不規則発言を繰り返したりし、言い渡しが延期されていた。(笠原真)

少女誘拐監禁事件の経緯

2014年3月10日 埼玉県朝霞市で少女が自宅付近での目撃を最後に行方不明になる

同19日 少女の自宅に上尾郵便局(埼玉県上尾市)の消印のある手紙が届く

16年3月27日 少女がJR東中野駅で110番通報し、保護される。埼玉県警が未成年者誘拐容疑で寺内樺風被告の逮捕状を取り、捜査本部を設置

同28日 静岡県伊東市内で寺内樺風被告が身柄を確保される。自殺を図ったとみられる首のけがのため、同県内の病院に入院

同31日 寺内被告を未成年者誘拐容疑で逮捕

同年4月20日 さいたま地検が未成年者誘拐の罪で起訴

同21日 寺内被告を監禁容疑で再逮捕

同年5月13日 寺内被告を監禁罪で追起訴

同年8月22日 少女に重度の心的外傷後ストレス障害を負わせたとして、監禁罪を監禁致傷罪に訴因変更

同年9月27日 さいたま地裁で初公判。起訴内容を一部否認

17年7月25日 検察側が懲役15年を求刑し結審

同年8月29日 判決公判が開廷されたが、不規則発言などで言い渡しは延期

18年3月12日 判決

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です