有村藍里 “口元ブサイク”と言われ、矯正を初告白

 

女優、有村架純(25)の姉でタレント、有村藍里(27)が28日、日本テレビ系「ナカイの窓」(水曜後11・59)に出演。歯茎を削る矯正をしていたことを告白した。

ネット上などで妹と容姿を比較され、たたかれることが多いという有村。「口もとがブサイクとすごい言われる。そもそも歯を6本抜いて矯正してたんです」と明かすも矯正後も「口もとが残念」と言われ続けたと振り返り、「初めて言うんですど、歯茎を削ってセラミック矯正しました」と告白。「元々が歯茎が出ちゃう口元なので、歯茎を焼き切って、形を整えて、ゴリラっぽいのがへこみました」と過去の写真と見比べながら説明した。

司会の中居正広(45)から「それは整形の一種?」と聞かれると、「歯は整形じゃないです。私は矯正だと思っています」と返答。歯科医の歯肉形成で「3カ月くらいで約100万円」の費用がかかったというが、「少しでもきれいにかわいくなりたいです」と白い歯をのぞかせた。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です