明菜の妹、女優・中森明穂が亡くなっていた 明菜は葬儀に姿見せず

 

 歌手、中森明菜(53)の実妹で元女優、中森明穂さんが5月27日に肝硬変のため52歳で死去していたことが明らかになった。東京都内で営まれた明穂さんの葬儀にも明菜は姿を見せなかったといい、家族との断絶が色濃くなっている。

 明穂さんの死は、11日発売の写真週刊誌「FLASH」が報じた。

 同誌によると5月29日に東京都内で葬儀が営まれ、父親(85)ら親族が参列したが、6人兄弟姉妹(2男4女)の5番目となる三女で、明穂さんの1歳年上の姉にあたる明菜の姿はなかったという。

 明穂さんは最近は肝硬変で入院し、ヘルニアも併発する形で闘病を続けていたが、容体が急変し5月27日に亡くなったという。

 1987年にタレントデビューした明穂さん。ラジオパーソナリティーからキャリアをスタートし、同年7月のフジテレビ系月曜ドラマランド『スケバン保母さん ツッパリ風雲録』で女優デビュー。

 すでにスターだった明菜もその活動をバックアップしていたが、88年に明穂さんが下着姿の写真集とヌードで登場したビデオを発売したのを機に姉妹の関係が悪化。

 さらに実家や親族内での金銭トラブルなどもあり、明菜は家族とも距離を置くようになった。家族と明菜をつなぐ存在だった母、千恵子さんが95年に死去してからは、連絡さえ取れない状況だという。

 明菜は2017年にアルバム2枚をリリースし、同年末まではディナーショーを開催して以降、目立った活動はしていない。

結果にコミット プライベートジム【RIZAP】

最高級 お酒のお供!ツナ缶の極み 「オーシャンプリンセスツナ」

オルビスのスキンケア化粧品『オルビスユー』

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください