日本航空石川・中村監督 との部員100人寮生活

30日に登場する日本航空石川(石川)を率いる中村隆監督(33=社会科教諭)は、神戸弘陵高から明大を経て、2015年9月に就任した。パイロットや航空整備士の養成を目的に設立された同校で、昨年まで「寮監」を務めた中村監督がこう言う。

「(山梨キャンパスを含めて)日本で唯一『航空科』があります。パイロット、整備士、CAなど、航空業界への就職を目指す生徒が多い。他にはない高校です」

食堂、浴室、売店もある近代的な4階建ての男子寮と女子寮がある。ホームページによれば、寮では北は北海道から南は沖縄出身まで715人が暮らしているという。

「寮は大きいですよ。今年から担任を持ったので、もう違いますが、昨年まで10年間ほど寮監を務めました。当直だったり日勤だったり、シフト制ですが、週2回ほどは泊まっていました。といっても、野球部の子を預かっていますので、今でも寮で一緒に住んでいます。金沢に自宅がありますが、帰るのは週1回です。野球部員は約100人。ほぼ寮生活です」

「将来、整備士になりたい子が結構います。スポーツ科はないので、野球部員は普通コースが多いですが、整備士コースも3割ほどいます。野球を続ける子などは普通の大学へ進学します」

■手をあげたくなることは?

寮には「Wi―Fi」が飛ぶ。

「今どきですよね。でも野球部員の携帯電話は制限をかけました。禁止にはしていませんが、ガラケーのみにしようと。これまではスマートフォンでもよかったんですが、野球に集中しようと。今年の子たちには最初から全国制覇をしよう、と話をしていて、いい条件がそろっています。せっかく野球に集中できる環境でもあるので、もっと生かしたいなと。スマホがあると、どうしてもゲームだったり、いろいろな誘惑があります。目も悪くなるし、依存症みたいになりますよね。SNSで情報が変に拡散したり、今、多いじゃないですか。これはチームにとってマイナス。冬休みからですから、12月の終わりからのルールです。現状ではまだ全員は移行しきれていないと聞いています。もともと持っている物をすぐに捨てろとは言えませんので。担任になって、選手のグラウンドや寮では見せない一面を見ることもあります。コミュニケーションはすごく大事。今のチームはうまくかみ合えば面白い。だからガラケーなんです」

寮監としての苦労はどんなことか。部員が100人もいれば、中には問題を起こすのがいたって不思議ではない。1人くらい寮に帰ってこなくても分からないのではないか。

「確かに管理は大変ですが、しっかり朝と晩に点呼を取ります。田舎の地域で周囲に何もない環境なので、生徒が抜け出すことはないですね。難しいのは心のケア。友達関係がうまくいかないとか、部活で挫折したりとか。話を聞いてあげることが大変です」

監督自身が33歳とまだ若い。

選手や生徒と24時間一緒にいて、手をあげたくなることはないか。

「実はそこはストレスなんです。手を出せないから、という意味ではなくて、意図が伝わらないことがあります。時間をかけるしかない。言葉で理解させるしかないんです。でも、自分が18歳の高校生だった時、冷静な状況なら話はすっと入ってきましたけど、気分が悪い時、うまくいかない時に話しかけられたらカチンときました。多感な時期。長い目で見ないといけない。こちらも我慢の連続です」

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です