日本ダービー2019予想、3強攻略のカギは上昇度!

【日本ダービー2019予想】 「3強攻略のカギは上昇度!」 “一発逆転を狙える穴馬の特徴”とは?/JRAレース展望

 

 春のGI戦線も佳境に突入。いよいよクライマックス、日本ダービーを迎えます。今年の皐月賞は上位3頭が大接戦で、3強という見方が一般的。ですが、3歳戦、とくにクラシックは成長比べですから、サートゥルナーリアの1強ダービーになる可能性は否定しません。前走で理由なき敗戦を喫した馬は、通用しないからです。

 今年の皐月賞は、過去15年を振り返っても比較的レベルが高い年。そのうえ、青葉賞、京都新聞杯、プリンシパルSなどのダービートライアルや前哨戦のレベルが低く、どれも皐月賞に匹敵するまでのPP指数(※)の高い決着になりませんでした。
※レースの入線タイムを基準にして、各馬の走破タイムの価値(能力)をポイント化した指数

 これを踏まえると、サートゥルナーリアが勝つ可能性もあるし、当然、同タイムのヴェロックスもダノンキングリーも勝つチャンスがあるでしょう。普通に考えて、3強共倒れの可能性は低いと見ていますが、それでも穴が開くときは開きます。

 では、こういう場合、どのような穴馬で一発逆転を狙えばいいのかというと、キャリアの浅い馬です。2007年を例にお話ししましょう。ウオッカが64年ぶりに牝馬として優勝したこの年は、桜花賞の決着指数ばかりが高く、皐月賞をはじめ、他路線が平凡。

 ウオッカが勝つ可能性はかなり高いと見ていたのですが、キャリア2戦目で比較的レベルが高かった弥生賞で2着と好走した、ココナッツパンチが非常に厄介な存在でした。ココナッツパンチが出走してきていたら、アサクサキングスを対抗にできなかったかもしれません。

 結局、ココナッツパンチはダービーを除外となり、目黒記念に出走。すると、次走の宝塚記念で3着と好走したポップロックを相手に、同タイムのクビ差2着と好走しました。斤量51kgのアドバンテージを考慮しても、日本ダービーで2着はあったかもしれない指数で走ったのです。

 このようにキャリアの浅い馬というのは、レース経験が豊富な馬に比べて上昇度が大きいもの。今回の日本ダービーで大勢逆転を狙うのであれば、キャリアの浅い時点でハイレベルなレースをしている馬に尽きます。

結果にコミット プライベートジム【RIZAP】

最高級 お酒のお供!ツナ缶の極み 「オーシャンプリンセスツナ」

オルビスのスキンケア化粧品『オルビスユー』

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください