日ハム杉谷拳士が左右両打席で2打席連続本塁打

 

 日本ハムは23日、楽天12回戦(札幌ドーム)に11-2で大勝。スイッチヒッターの杉谷拳士内野手(28)が五、六回に自身初となる1試合2本塁打をマーク。左右両打席の本塁打は史上19人目、球団では2007年のセギノール以来となる快挙を達成し、自ら「スギノール」と命名。小兵の活躍でチームの連敗は「4」で止まった。

 ひどい“仕打ち”が待っていた。五回1死。右打席で辛島から左越えに今季1号のソロを放った杉谷がベンチに戻ると、祝福してくれたのは、栗山監督と数人だった。

 「サイレント・トリートメントといわれますが、あれはサイレント・サイレント。ただの無視です…」

 六回2死二塁では左打席で、今野から右越えに2号2ランをマーク。球団では2007年のセギノール以来、12年ぶり4人目となる左右両打席弾の快挙に「“スギノール”と呼んでください」と調子に乗った。

 両打席本塁打は楽天・田中が2018年8月1日のオリックス戦(京セラ)で達成して以来。通算10本塁打の小兵は、七回の打席で3連発を狙ったが、三邪飛に終わり、「いきった。ああいうところですよね」と猛省した。

元々は右投げ右打ち。帝京高3年時、桐光学園との練習試合が両打ちの始まりだった。前田監督から「プロのスカウトが見に来ているから左打席で打て」と指令を受け、人生初の左打席で、現ロッテの東條からサイクル安打を達成したという。

 メットライフドームでの打撃練習では場内アナウンスの女性からいじられるのがお決まり。チームきってのお調子者は「流れを変えるプレーをしたかった。打った本人が一番びっくりしています」と興奮気味だった。

 自身も現役時代に両打ちだった栗山監督も「結果的にはものすごく大きい。左右で打つのは、ものすごく難しい」とにっこり。元気印の杉谷が、大仕事をやってのけた。

結果にコミット プライベートジム【RIZAP】

最高級 お酒のお供!ツナ缶の極み 「オーシャンプリンセスツナ」

オルビスのスキンケア化粧品『オルビスユー』

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください