新燃岳 10日ぶりの爆発 噴煙は南東へ

 

鹿児島と宮崎の県境にある霧島山・新燃岳では、25日(日)7時35分に爆発が起こりました。噴煙は火口上3200mまで上がり、南東へ流れました。

その後、8時45分に火口内西側付近から噴火し、火砕流が火口の西側へ800m流下しました。

今年の新燃岳の噴火活動
新燃岳では、3月1日(木)から噴煙を上げる噴火が発生し、6日(火)には火口内に溶岩が出ているのが確認されていました。9日(金)には新燃岳火口の北西側から溶岩がわずかに流出し、ゆっくりと流下しているのが確認されました。

その後、多発していた爆発は15日(木)以降は観測されておらず、今月上旬に比べると火山性地震も少なくなり、活動がやや落ち着いた状態でした。

噴煙の流向

25日(日)7時35分の爆発では、火口上3200m(海抜4600m)まで噴煙が上がり、南東の鹿児島県曽於市、宮崎県都城市方面へと流れました。

上空の風の予想
25日(日)夕方にかけては北西の風が吹くため、噴煙が上がった場合は新燃岳の南東側で降灰の可能性があります。
25日(日)夜になると徐々に西風に、26日(月)は南西からの風が吹くようになります。新燃岳の東〜北東側で降灰にご注意ください。
>> 天気予報・週間予報

防災上の警戒事項など

新燃岳では、噴火警戒レベル3(入山規制)が継続中です。
弾道を描いて飛散する大きな噴石が火口から概ね3kmまで、火砕流が概ね2kmまで達する可能性があります。そのため、火口から概ね3kmの範囲では警戒してください。風下側では火山灰だけでなく小さな噴石(火山れき)が風に流されて降るおそれがあるため注意してください。爆発的噴火に伴う大きな空振による窓ガラスの破損や降雨時の土石流にも注意してください。地元自治体等が発表する火山ガスの情報にも留意してください。

今の火山の様子 ライブカメラ公開中

ウェザーニュースでは、安全に火山の活動を監視するため、新燃岳火口から約18km東の宮崎県都城市内に高感度カメラを設置しました。このカメラの映像を周辺地域の方にもご覧頂けるよう、YouTubeにてリアルタイムなライブカメラとして公開しています。

box3
11日(日)4時05分の爆発的噴火時のライブカメラ映像box3

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です