徹子の部屋、鶴太郎に“ヨガ離婚”を追及

 

 お笑いタレントの片岡鶴太郎(63)が12日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜・正午)に出演。司会の黒柳徹子(84)から“ヨガ離婚”について追及された。

 鶴太郎は2017年8月に放送されたバラエティー番組で、40年近く連れ添った夫人と離婚していたことを告白。同時期にインド政府公認「プロフェッショナルヨガ検定・インストラクター」のレベル1に合格したことから、ヨガに熱中したことが原因の“ヨガ離婚”と話題になった。

 それを受けて徹子からいきなり「さて、噂のヨガ離婚ですが」と切り出され動揺する鶴太郎。「インド政府から(合格を)いただいた時期とたまたま(公表した)時期が重なっただけで、関係ないんです」と、ヨガと離婚は無関係であると明言した。

 22歳で結婚し3人の男児に恵まれたが、30歳のころに「絵を描いたり、朝の番組のネタ作りのために部屋を借りたいと言ったんです」と別居生活のきっかけを明かし、「借りたころから“単品生活”(ひとり暮らし)でしたから」と話した。「何も変わってないんです。子どももみんな30超えてますから」という。

 それでも、いまだに“ヨガ離婚”と言われ続けることについては「もし、ひとつの部屋にいて(パートナーが)朝2時3時に起きて、(ヨガで)内臓を回したりってやってたら、そりゃ逃げますよ」と、自ら納得していた。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です