川島永嗣、サッカー日本代表は「特別な場所」

 

日本代表は現地時間26日、キリンチャレンジカップ・ウクライナ代表戦に向けて前日練習を行った。

マリ代表戦は出場機会のなかった川島永嗣だが、チームを纏う危機感はもちろん共有している。

「正直、マリ戦の結果も内容も、満足できる人は一人もいないと思います。それは外から見ても同じだと思うので、そういった意味で自分たちの中で危機感っていうのはある」

一人ひとりがワールドカップに向けてアピールする上で、今シリーズも「大切な2試合」と川島は言う。さらに「チームとしてもやっていかなきゃいけない中でも、まずはそういうところが自分たちとしては出ていかないといけない」と語った。

代表でのキャリアが浅い選手も出場したが、そうした面々にとっての難しさは川島もかつて経験したことだ。そして、壁を乗り越えなければ地位を確立することはできない。

「自分自身も若い時にいきなりチームに入って100%の力をなかなか発揮できないってところはあります。ただ、そういう中で勝ち残っていかなければポジションなんてない。23人の中で保証されたメンバーっていうのは一人もいないし、そういった部分が大前提だと思う。それは若かろうが、僕もそうですけど年齢が上にいようが、自分たちがこの日本代表っていう特別な場所の中で生き残っていくんだっていうのを出していかなければいけないんじゃないかなと思います」

マリ戦の後には選手たちの口から戸惑いを感じさせる言葉が出たが、守護神は「監督が言っていることは逆に言えば3年前から変わらない」と述べる。

「一貫性がなかったわけではないし、この前の試合でいきなり特別なことをやろうって言ったわけではないと思う。監督のやり方がどうこうっていうのは外から見て、今までと言っていることが違うとは思わなかった。やはり今、海外に出ている選手が多くなってきた中で、世界との差だったりとか、高いレベルの差っていうのは何なのかっていうところを自分たちがもう1回、考えなきゃいけないと思う」

消化不良に終わったマリ戦だが、世界との距離を測ることができたとも言えるのかもしれない。重要なのは、その上で何ができるかだろう。ウクライナ戦では、23日のゲームとは違う姿をみせたいところだ。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です