山形県沖を震源とする地震があり、新潟・村上で震度6強

 慌ただしく災害対策本部を設置する新潟県職員ら(18日午後11時3分、新潟県庁で)

18日午後10時22分頃、山形県沖を震源とする地震があり、新潟県村上市で震度6強、山形県鶴岡市で震度6弱を観測した。気象庁によると、震源の深さは約10キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6・8と推定される。気象庁は山形、新潟、石川の各県沿岸に数分から1時間程度の間に1メートル以下の津波が来る恐れがあるとして、津波注意報を発表した。

 気象庁によると、このほか新潟県長岡市、柏崎市、阿賀町、山形県酒田市、三川町、大蔵村、秋田県由利本荘市で震度5弱を記録した。18日午後11時5分、新潟県の粟島で微弱な津波を観測した。

 警察庁によると、18日午後11時現在、人的被害の情報は入っていないという。警察庁は災害警備本部を設置し、情報収集を進めている。総務省消防庁によると、人的、建物被害は確認されていない。

 新潟県で震度6強を観測したのは、2007年7月の新潟県中越沖地震以来。山形県内での震度6弱以上は、1922年の統計開始以来、初めて。

 原子力規制庁は、揺れの大きかった地域にある東京電力柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)、福島第一、第二原発(いずれも福島県)などの状況を確認している。午後10時40分現在、異常の報告は入っていないという。

対応に追われる山形県職員ら(18日午後10時52分、山形県庁で)

 東北電力によると、18日午後11時現在、震度6弱を記録した山形県鶴岡市など同県内で約5000戸、新潟県内で計約3200戸が停電している。山形県鶴岡市の海岸部では停電が発生し、電話がつながらない状況が続いている。鶴岡市中心部のコンビニ店ではカップラーメンや整髪料など一部商品が棚から落ちたものの、大きな被害は出ていないという。

 今回の地震で揺れが観測された新潟県や山形県の自治体は被害の確認を急ぐとともに避難所や災害対策本部を設置した。新潟県内では、電話がつながりにくい状態になっている。

 JR東日本によると、上越新幹線の新潟―燕三条駅間で上りの「とき480号」が緊急停止し、午後11時現在、再開のめどは立っていない。上越新幹線の他区間と東北、北陸の両新幹線も一時運転を停止したが、午後10時50分頃に再開した。

結果にコミット プライベートジム【RIZAP】

最高級 お酒のお供!ツナ缶の極み 「オーシャンプリンセスツナ」

オルビスのスキンケア化粧品『オルビスユー』

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください