小泉進次郎氏、丸山穂高衆院議員に対する糾弾決議棄権

 

自民党・小泉進次郎厚生労働部会長

 自民党の小泉進次郎厚生労働部会長は6日付の自身のブログで、同日の衆院本会議で各党派の全会一致により可決した丸山穂高衆院議員(大阪19区)に対する糾弾決議の採決を棄権したことについて、自民党から厳重注意処分を受けたと明らかにした。

 小泉氏は6日の本会議後、国会内で記者団に対し、北方領土を戦争で取り返す是非に言及した丸山氏について「発言、言動でかばえるものは何もない」としつつ、「議員の出処進退は議員一人一人が判断すべきで、辞めるべきだと思う人が辞めないときに、その人のことをどうするか判断するのは選挙だ」と棄権の理由を説明していた。

結果にコミット プライベートジム【RIZAP】

最高級 お酒のお供!ツナ缶の極み 「オーシャンプリンセスツナ」

オルビスのスキンケア化粧品『オルビスユー』

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください