女性が勘違いしている“ひと昔前”のモテテク

 

気になっている男性を振り向かせるために、“モテテク”を駆使する女性もいるのではないでしょうか。

しかし、昔からよく言われていて、もはや誰もが知っているような“ひと昔前のモテテク”を使ってしまうと、逆に引かれてしまう可能性も……。

そこで今回は、女性がつい勘違いして使ってしまいがちな“ひと昔前のモテテク”を、男性ライターの筆者が男性目線でご紹介します。

 

■わざとらしい「ボディタッチ」

定番かもしれませんが、“女性からのボディタッチ”に弱い男性は多いようです。女性に触られたらやはりドキッとしますし、「俺に気があるのかな?」なんて思うこともあるでしょう。しかし、不自然なボディタッチだと逆効果になってしまう可能性が。

また、最近は控えめな男性も多いため、ベタベタ触られると「軽い人だな」「男慣れしていそう」などと思われて、恋愛対象から外されてしまうことも……。タイミングを見てさりげなく、ちょこんと触れる程度にすると、ボディタッチだと思われずに男性をドキッとさせられるでしょう。

 

■無理に「嫉妬」させようとする

“嫉妬”は恋愛においては程よいスパイスになり、変化のなかった関係に刺激を与えることができると言われています。とはいえ、無理に嫉妬をさせようとすると、変な誤解を生んだり、関係性を悪化させたりする原因になることも。

また、男性に嫉妬させようとしていることがバレてしまった場合、怒られるだけでなく、「人の気持ちを試すような人なのか」と嫌われてしまう可能性も。男性を嫉妬させて振り向かせるより、自分の素直な気持ちを伝えた方が、男性を喜ばせる結果につながるかもしれませんよ。

 

■不自然な「上目づかい」

潤んだ瞳で上目づかい……。男性は、その可愛らしさに思わずドキッとしてしまうもの。しかし、昔からよく言われているモテテクなだけに、何度もやろうとしたり、必死に上目になるシチュエーションをつくろうとしたりすると、「狙ってやってるのかな」と思われてしまう可能性が。

あくまでも“自然に”上目づかいになった瞬間に、男性はドキッとするようです。

 

■返信を「あえて遅らせる」

メールやLINEなどで、男性への返信をあえて遅らせて焦らすというのも、昔からよく言われているモテテクのひとつです。しかし、毎回のように返信が遅いと「俺に興味がないのかも」「タイミングが合わない」と思われてしまう可能性が。

特に男性は、何か用件があった時にLINEを送ることが多いもの。男性から連絡が来た場合は、早めに返信をしてあげた方がいいかもしれませんね。

 

“ひと昔前のモテテク”は、使い方を間違ってしまうと、かえって男性に引かれてしまうことも。時にはテクニックに頼らず、素直に自分の気持ちを表現してみてもいいかもしれません。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です