奈良県田原本町唐古・鍵遺跡」整備していた史跡公園が完成

弥生時代の巨大な環濠集落として知られる奈良県田原本町の「唐古・鍵遺跡」(国史跡)で、整備していた史跡公園が完成し、16日、祝賀式典が行われた。

史跡公園は17日に開園する。平成6年に復元して老朽化が進んでいた楼閣(高さ約13メートル)を修復したほか、井戸や環濠の一部も再現。土器の野焼きなど弥生時代の生活体験も楽しめる。

新たに整備した「遺構展示情報館」では、大型建物跡の柱穴の模型などを展示している。

隣接する道の駅「レスティ唐古・鍵」は20日オープン。特産品の販売店や飲食店が並び、史跡公園が一望できる展望エリアもある

 

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です