大阪一家4人殺傷、懲役30年 死刑求刑の男に、地裁が判決

 

大阪府門真市で2016年、住宅に侵入し大工川上幸伸さん=当時(43)=を刺殺し、子ども3人にも重軽傷を負わせたとして殺人や殺人未遂などの罪に問われ、死刑を求刑されていた無職小林裕真被告(25)の裁判員裁判で、大阪地裁(浅香竜太裁判長)は13日、懲役30年の判決を言い渡した。

判決によると、16年10月19日未明、川上さん方の1階窓から侵入し、2階で寝ていた川上さんの胸や背を短刀で複数回突き刺して失血死させた上、長女(21)、次女(19)、長男(17)の腕や後頭部などを切り付けた。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です