大阪・枚方の集合住宅 浄化槽に新生児の遺体 

 

30日午前10時15分ごろ、大阪府枚方市津田駅前1丁目の集合住宅で、浄化槽から新生児とみられる性別不明の遺体が見つかった。府警交野署が身元や死因を調べている。

同署によると、し尿処理業者の男性が、集合住宅の敷地内にある浄化槽のふたを開けたところ、中に浮いている遺体を発見し、110番した。住宅は2階建てで、30~60代ぐらいの男女5~6人が居住。同署は産んだばかりの新生児をトイレに遺棄した疑いもあるとみて、住人らから事情を聴いている。

現場はJR片町線津田駅の西約400メートルの住宅街。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です