塩は多め→死亡リスク3倍

 国が勧める食事量より野菜や果物、魚が少なく、食塩が多いと、脳卒中や心臓病の死亡リスクが約3倍になることが、厚生労働省の研究班の調査でわかった。

 単一の食品と死亡リスクの関係を調べた研究はこれまでにもあるが、複数の食品の組み合わせで評価したのは初めてという。

 研究班(代表者=三浦克之・滋賀医科大教授)は、1980年の国民栄養調査に参加し、食べたものの重さをはかりで量って、1日あたりの食事量を調べた全国の30~79歳の男女9115人を、2009年まで追跡した。

 国の健康施策「健康日本21」などが勧める1日あたりの食事量を元に、基準を設定。野菜350グラム、果物200グラム、魚80グラム(いずれもこの量以上)、食塩は男性8グラム未満、女性7グラム未満を基準量にして過不足の影響を調べた。

 29年間で脳卒中や心臓病といった循環器病で1070人が死亡。基準をすべて満たした人と比べ、野菜・果物・魚がいずれも基準量の半分未満、食塩が基準量以上の人は、循環器病による死亡リスクが2・87倍になった。野菜は十分でも果物と魚は半分未満、食塩は基準量以上だと、死亡リスクは2・25倍だった。

結果にコミット プライベートジム【RIZAP】

最高級 お酒のお供!ツナ缶の極み 「オーシャンプリンセスツナ」

オルビスのスキンケア化粧品『オルビスユー』

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください