塚歌劇 宙組誕生20周年 樹里咲穂×高橋真麻スペシャルトークショー

 

フリーアナウンサーの高橋真麻と元宝塚歌劇団の男役スター・樹里咲穂が19日、東京・押上のJ:COM Wonder Studioで『宝塚歌劇 宙組誕生20周年 樹里咲穂×高橋真麻スペシャルトークショー』を開催。2人でサプライズで歌唱し、樹里は真麻の歌声を絶賛した。

高橋は家族そろって宝塚を観劇するほど宝塚の大ファン。自身も入団前からのファンである樹里は「真麻さんは宝塚に入りたいと思われたことはないんですか」と質問すると、真麻は「入りたいと思っていたこともあった」と明かしたが、通っていた高校の特質やバレエ経験の不足、体型などを理由に諦めたという。娘役を希望し、『スカーレット・ピンパーネル』のマルグリット役をやってみたかったそうで「赤いドレスが好きで、変装して写真を撮るところで撮りました。プライベートです」と笑顔で振り返った。

イベント終盤には、宝塚歌劇を代表する曲「すみれの花咲く頃」を樹里と真麻でサプライズ歌唱することに。『エリザベート』や『ファントム』に出演する樹里を見ていた真麻は「やっぱり、宝塚の方の歌い方とか発声は素晴らしい。聞き惚れておりました。まさか一緒に歌わせていただけるなんて光栄」と満面の笑み。一方の樹里も「真麻さんは元の声が本当に澄んでいる。本当に宝塚に入ればよかったのに。娘役のトップも狙えた」と大絶賛。そんな称賛の声に真麻は「顔が…。昔、宝塚メイクをやってもらったことがあるんですけど、本当にひどかった。だから見る側が合ってるのかな」と謙遜していた。

また、真麻はフジテレビ時代に自身の部屋を“タカラジェンヌ仕様”にしたエピソードも披露。「ドはまりしていたときはタカラジェンヌの楽屋着を買ったり、ティッシュケースもタカラジェンヌ仕様にした。タカラジェンヌになった生活を送っていた時期があった。朝から晩まで(宝塚歌劇専門チャンネルの)TAKARAZUKA SKY STAGEを見てました」と回想し、「(フジテレビに)入社3年目から6年目ぐらい。仕事がつらいなとか、社会の目が厳しいと思って…。現実逃避として宝塚にどっぷり入り込んだ」としみじみ。総額はウン十万になったそうで「DVDを何枚も買ったり、公演のチケットもそこそこするのでお給料が、そのまま…」と驚きの事実を明かしたが、「それ以上のものをいただいた。もう、夢の国です」と後悔は全くないようだった。

トークショーには『ファントム』で使われたシャンシャンが持ち込まれ、真麻は「ラップの芯で作ってました。本物が持てるとは…」と感激。さらに、宝塚歌劇仕様の東京スカイツリー公式キャラクター「ソラカラちゃん」も登場。羽やシャンシャンは宝塚で使用するものと同じで、華麗に踊る姿に真麻は「いつもかわいいソラカラちゃんが男役だから凛々しかった」と驚いていた。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です