同性愛公表の米女優、NY州知事選に出馬へ

 

1990年代後半から放送された米国の人気ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」に弁護士ミランダ役で出演した女優シンシア・ニクソンさん(51)が19日、11月のニューヨーク州知事選への立候補を目指すとツイッターで表明した。

 9月の民主党予備選で、3選を目指す同党現職のクオモ氏に挑戦する。

 ニクソンさんはツイッター上の動画で「私たちは信じられない富と極度の貧困が共存する、全米で最も不平等な州にいる」と格差是正を訴えた。同性愛者であることを公表し、性的少数者(LGBT)の支援にも取り組むニクソンさんの知名度は高いが、米メディアからは「トランプ大統領時代に、著名人の指導者が受け入れられるかどうか試される」(ニューヨーク・タイムズ紙)との声も出ている。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です