厚生労働省「是正勧告」発言の東京労働局長を減給処分、更迭

 

厚生労働省は11日、報道機関への「是正勧告」発言をするなどした東京労働局の勝田智明局長(59)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分とし、同省大臣官房付に異動させる人事を発表した。いずれも同日付で、事実上の更迭だが、退職はしないという。後任には大臣官房付の前田芳延氏(56)をあてる。

勝田氏は昨年12月26日の記者会見で、裁量労働制を違法適用したとして野村不動産を特別指導したと発表する際、記者の前で「プレゼントもう行く?」などと発言。また、今年3月30日の会見では、野村不動産の事案について記者から質問されると「何なら皆さんの会社に行って、是正勧告してもいい」と述べた。

勝田氏は今月6日の衆院厚労委員会の集中審議などでいずれの発言も謝罪し、撤回したが、加藤勝信厚労相は「厳正に対処したい」として処分する方針を示していた。懲戒処分の理由は、一連の発言が「国家公務員法が規定する『信用失墜行為の禁止』に違反した」と判断した。

勝田氏は東大卒業後、1982年に旧労働省に入り、厚労省職業安定局次長、大臣官房総括審議官などを経て、昨年7月に東京労働局長に就任した。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です