公立高入試改革で有識者委 長野

 

公立高校の入試制度改革を検討してきた有識者委員会は15日、受験生全員に学力検査(ペーパーテスト)を課すことなどを柱とした報告書を、県教育委員会の原山隆一教育長に提出した。県教委は来年度以降、報告書を土台に新しい入試制度の構築に着手する。

報告書は、学力検査に面接や作文などの検査を組み合わせた「一般選抜」(仮称)と、学力検査に加えプレゼンテーションや実技など学校独自の検査を実施する「特色化選抜」(同)の2つの選抜方法を提示。1人の受験生がいずれも受けられるべきだとした上で、実施時期を可能な限り近接した日程にするよう求めた。

提出に当たり、有識者委の藤森裕治委員長(信州大教授)は「さまざまな観点からの議論を行い、望ましい方向性を出すことができた」と強調。原山氏は「県民の声をしっかりと聞き、納得してもらえる形にしたい」と述べ、新制度の構築を慎重に進めるとともに、周知期間も十分確保する考えを示した。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です