全仏オープン、ジョコビッチ準決勝で敗れた。4大大会4連勝ならず

 テニス:全仏オープン8日、パリ・ローランギャロス◇男子シングルス準決勝
世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が2日にわたる準決勝で敗れた。昨年準優勝で同4位のドミニク・ティエム(オーストリア)に2−6、6−3、5−7、7−5、5−7の4時間13分のフルセットで敗退し「大事なポイントで相手の方が上だった」。
18年ウィンブルドンから続く4大大会連勝が26で途切れるとともに、自身2度目の4大大会4大会連続優勝を逃した。
前日にスタートした試合は降雨のため、第3セット第4ゲームを終了した時点で順延が決まった。大会のスーパーバイザーを呼び出すほど、強風に悩まされていたジョコビッチには、恵みの順延だと思われた。「過去経験した中でも最悪のコンディションだった」。
順延が決まった時点では雨は降っていなかった。その後の予報が雨で、大会側は早めに決断を下したという。しかし、皮肉にも、その後、ほとんど雨は降らなかった。再開後、最終セットまでもつれ込んだが、ジョコビッチの調子は上がらず。ティエムのストロークに押される場面がたびたび見られ、最後は力尽きた。
ジョコビッチは4大大会で15勝しているが、全仏はわずか16年に1度だけの優勝だ。決してクレーが苦手というわけではないが、クレーで突出して強いナダルやティエムらトップ選手がいる。なかなか思い通りに行かない赤土で、フラストレーションがたまったようだ。
◆全仏オープンは、WOWOWで5月26日〜6月10日、連日生中継。WOWOWメンバーズオンデマンドでも配信。

結果にコミット プライベートジム【RIZAP】

最高級 お酒のお供!ツナ缶の極み 「オーシャンプリンセスツナ」

オルビスのスキンケア化粧品『オルビスユー』

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください