九州で今後も災害級の大雨が続く恐れがあり、厳重警戒

先月30日から記録的な大雨となっている九州では今後も災害級の大雨が続く恐れがあり、厳重な警戒が必要です。

 梅雨前線の活動が活発化し、九州では記録的な大雨になっています。先月29日からの総雨量は宮崎県えびので501.5ミリ、鹿児島県八重山で368.5ミリなどとなっていて、現在、宮崎県と鹿児島県に土砂災害警戒情報が発表されています。この後も九州を中心に非常に激しい雨が降る恐れがあります。今月2日朝にかけて予想される雨の量は、九州南部で200ミリ、九州北部や四国、近畿で100ミリとなっています。九州では4日ごろにかけて同じ地域で雨が降り続いて総雨量がさらに多くなる恐れがあるため、土砂災害や河川の氾濫などに厳重な警戒が必要です。

結果にコミット プライベートジム【RIZAP】

最高級 お酒のお供!ツナ缶の極み 「オーシャンプリンセスツナ」

オルビスのスキンケア化粧品『オルビスユー』

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください