ヴィッセル神戸、イニエスタ弾でFC東京に勝利

 

 神戸は6分、イニエスタの楔のパスから最後はダビド・ビジャがゴールを狙うがこれはオフサイドの判定。一方の東京は8分にディエゴ・オリヴェイラがヘディングシュートでゴールに迫るも、枠の上に外れて得点とはならなかった。

 神戸は14分、クロスのこぼれ球から小川慶治朗が無人のゴールを狙うが、そのシュートはクロスバーに嫌われる。その直後には東京が素早いカウンターで攻めあがるが、室屋のシュートはミートせずゴール左に外れた。

 東京は23分、矢島輝一が放った強烈なシュートは神戸の守護神キム・スンギュのスーパーセーブで阻まれる。さらに35分にはカウンターからディエゴ・オリヴェイラが一人で持ち上がり3対1の状況を作り出すが、最後はキム・スンギュに阻まれ神戸は再び守護神に救われる形となった。そのまま前半は終了し、両チームともスコアレスで折り返した。

 神戸は49分、西大伍がイニエスタにパスを供給すると、イニエスタは右足で華麗なシュートをニアに流し込み先制に成功する。反撃を狙う東京は84分、小川諒也のフリーキックに橋本挙人が合わせるが、これはゴールポストに弾かれてしまう。その後も東京は神戸ゴールに何度も迫るがなかなか相手の守備を崩せない。

 神戸は90+2分、ゴール前でウェリントンが放ったシュートは相手DFに阻まれ追加点とはならず。試合はそのまま終了し、6試合ぶりに復帰したイニエスタの先制点を守り切った神戸が、トルステン・フィンク監督の初陣を白星で飾った。

【スコア】
FC東京 0-1 ヴィッセル神戸

【得点者】
0-1 49分 アンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸

【スターティングメンバー】
FC東京(4-4-2)
林彰洋;室屋成、チャン・ヒョンス、森重真人、小川諒也;大森晃太郎(64分 ナ・サンホ)、高萩洋次郎(82分 安部柊斗)、橋本挙人、東警悟;ディエゴ・オリヴェイラ、矢島輝一(64分 ユ・インス)

ヴィッセル神戸(4-3-3)
キム・スンギュ;西大伍、大崎玲央、宮大樹、初瀬亮;三田啓貴(72分 古橋亨梧)、山口蛍、イニエスタ(90+1分 渡部博文);小川慶治朗、ウェリントン、ダビド・ビジャ(87分 郷家友太)

結果にコミット プライベートジム【RIZAP】

最高級 お酒のお供!ツナ缶の極み 「オーシャンプリンセスツナ」

オルビスのスキンケア化粧品『オルビスユー』

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください