ローソンは、関東甲信越地区のローソン店舗(4757店:4月末現在、「ナチュラルローソン」、「ローソンストア100」を除く)において、5月28日から順次、熊谷喜八シェフが監修したスイーツ4品「焼き桃とラム酒のケーキ」、「マンゴーとココナッツのトロピカルプリン」、「甘夏のババロア」、「求肥で包んだ抹茶のパンナコッタ~青豆ソース入り~」をそれぞれ発売する。


 今回発売する商品は、世界的に活躍している熊谷喜八シェフが監修したスイーツとのこと。桃、マンゴー、甘夏、青豆などの夏が旬の食材を使用している。桃をオーブンで焼き上げ、さっくりとした食感に仕上げるアイディアや、マンゴー果肉を砕いて作ることでスムージーのようななめらかな食感に仕立てた製法は、シェフならではの視点や経験が生かされている。


 ローソンは、今後も専門家や専門店と一緒に商品開発を行うことで、新しい味や製法などを取り入れ、わくわくする商品を消費者に提案していくとしている。


 熊谷喜八シェフは、パリの「マキシム」「バヴィヨンロワイヤル」などのレストランで修行を積み、「ホテル・コンコルド・ラファイエット」でセクションシェフを務めた後、日本でレストラン「KIHACHI」をオープンさせた、世界的に活躍しているシェフ。仏、プロスペールモンターニエ杯を日本人初受賞。厚生労働省「卓越技能章 現代の名工」を受章。「黄綬褒章」受章。

[小売価格]
焼き桃とラム酒のケーキ:380円
マンゴーとココナッツのトロピカルプリン:380円
甘夏のババロア:500円
求肥で包んだ抹茶のパンナコッタ~青豆ソース入り~:500円
(すべて税込)
[発売日]5月28日(火)