ロッテ球団公式アプリが大好評!ダウンロード5万件突破 

 

 ロッテの球団公式アプリ「Mアプリ」が18日、5万件を突破したことが発表された。同アプリは新機能として「Sound Flash(サウンドフラッシュ)」機能を搭載。8日に発表したの受けてアプリのダウンロード件数が急上昇した。昨年末時点で4万3716件だったが、3月の1か月間だけで5000件を超えるダウンロードがあった。

 「サウンドフラッシュ」機能はロッテ公式アプリ「Mアプリ」をインストールした人のスマートフォンの画面の光が音楽に合わせるようにカラフルに変化するもの。この技術による新たな演出として、ビジョンや音楽に合わせてアプリを起動したスマホ画面の光がカラフルに変化する。「サウンドフラッシュ」機能を利用したイベントは30日の楽天戦(ZOZO)から毎試合ナイターで実施予定で、試合前の開幕イベントでお披露目される。

 演出は今年から新設されたLED照明と連動。場内を暗転させ、音楽と参加者のスマホ画面の光を連動させる。「サウンドフラッシュ」をプロ野球チームが常設システムとして採用するのは、日本では初めて。

 「Mアプリ」担当者は「3月8日の公式発表後、急速にダウンロード者数が伸び、問い合わせも増えました。大きな反響を呼んでいることをとても嬉しく思っています。次はファンの皆様の期待に応えて、開幕の光のイベントを成功させるべくしっかりと準備をしていきたいと考えています。19日と26日の夜に球場でリハーサルを行います」とコメントした。

 「サウンドフラッシュ」機能は、「Mアプリ」を起動しないと利用できない。ロッテは、演出のイメージ動画を公式ユーチューブチャンネル( https://www.youtube.com/user/marinesTVOfficial )で公開している。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です