リバティハイツが接戦制し重賞初制覇!

‪‪

3歳牝馬クラシック第1弾・桜花賞のステップレース「第52回フィリーズレビュー」(G2、芝1400メートル)が11日、阪神競馬場11Rで行われ、北村友一騎手騎乗の8番人気リバティハイツ(牝3=高野厩舎)が優勝した。未勝利戦以来の2勝目で重賞初制覇となった。

中団から競馬を進めたリバティハイツ。直線では馬群の間を突いて末脚を伸ばし、6着まで0・2秒差となったゴール前の大接戦をわずかに制した。勝ちタイムは1分21秒5(良)。半馬身差の2着には2番人気アンコールプリュ、さらに首差の3着には5番人気デルニエオールが入った。

勝ったリバティハイツは父キングカメハメハ、母ドバウィハイツという血統。デビュー2戦目で初勝利を挙げ、続く前走の500万下でも2着と好走していた。重賞は初挑戦で初勝利を挙げ、桜の女王に名乗りを挙げた。通算戦績は4戦2勝。

▼北村友の話 いい脚でした。未勝利を勝って抽選を突破して、なんとか桜花賞の権利を取れればいいなというつもりで乗っていましたけど、馬が成長してくれていて、思っていたよりも強い内容でした。乗りやすいイメージだったんですけど、きょうはいい意味で前進気性があって、(持ち味は)素直なところです。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です