ヤンキース 田中将大、大量援護に救われる-米大リーグ

 

一回にヤンキースが4点を先制。幸先良く大量援護をもらった田中だったが、5回まで7安打を浴びて6失点。ぴりっとしない投球だった。

一回にラミレスに特大ソロを献上。二回から四回まではストライクを先行させて3人ずつで片付けたが、8-1とリードが広がった五回に再びつかまった。

長短打を喫して1点を失い、なお2死満塁。迎えた4番J・マルティネスには甘くなった初球のスプリットを完璧に捉えられ、中堅フェンスを越える痛恨の満塁弾を浴びた。ここまでヤンキースの一方的な試合展開だったが、この一発でリードは2点。地元レッドソックスのファンはお祭り騒ぎとなり、息を吹き返すきっかけを与えた。

宿敵と今季初の3連戦。前日大敗を喫しているヤンキースは、意地を見せて10得点。幸いにも味方打線の爆発に救われた田中は「もっと楽に勝てる試合だったが、自分のせいで接戦にしてしまった。反省すべきところはたくさんある。五回は走者を出してからバランスを崩した」。どうにか2勝目を手にしたものの、物足りなさが残った。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です