ボストン・マラソン優勝 川内優輝、来春プロ転向の意向 

 

 男子マラソンの川内優輝(31)が19日、来春に埼玉県庁を退職しプロに転向する意向を表明した。日本勢として31年ぶりの優勝を果たしたボストン・マラソンから帰国した成田空港で明らかにした。

川内は公務員として働きながら多数のレースに参加する異色のスタイルで、世界選手権に3度出場した実績を持つ。本年度限りで、代名詞でもある“公務員ランナー”を終える理由を「世界で戦いたいのが一番の思い。自己ベストも5年間更新していない。今の環境を変えなければ」と説明した。

16日に米ボストンで世界屈指の伝統的なレースを制し、賞金15万ドル(約1605万円)を獲得したことが決断を後押ししたという。「金銭面の不安がなくなったのは一番大きい」と述べた。

このニュースの写真

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です