フェデラー快勝、20歳のカサキナもケルバーを圧倒しベスト4進出

 

日本時間3月16日、「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ」(アメリカ・インディアンウェルズ/3月7~18日/ハードコート)で、ロジャー・フェデラー(スイス) が準決勝への進出を決めた。チョン・ヒョン(韓国)に対して、7-5、6-1でのストレート勝ちだった。

ほかにも女子の「BNPパリバ・オープン」(アメリカ・インディアンウェルズ/3月7~18日/ハードコート)では、20歳のダリア・カサキナ(ロシア)が格上でグランドスラムの優勝経験もあるアンジェリック・ケルバー(ドイツ)を6-0、6-2で倒すなど、上位への進出を決めた。

男子シングルスでは、ボルナ・チョリッチ(クロアチア) とケビン・アンダーソン(南アフリカ)の準々決勝がもう1試合として行われ、チョリッチが2-6、6-4、7-6(3)で、「全米オープン」のファイナリストの経験もあるアンダーソンを下して、ベスト4入りを決めた格好だ。

女子シングルスでも、ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)が6-3、6-2でカルラ・スアレス ナバロ(スペイン)を下しており、次の試合にコマを進めた。

ボタニカルホワイトニングで輝く白い歯に

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です